Gallery刺青作品「鷹」

            
日本では古くから鷹狩りが行われており、それと共に鷹は日本の文化に根付いてきた。
戦国時代にはその猛々しい姿から力や権威の象徴とされ、武将たちに好まれた。
また「鷹は飢えても穂を摘まず」と言われ、道義を重んじる人はどんなに困っても不正な金品は受けないという例えに使われた。
日本画では、不老長寿の象徴である松と共に「松鷹図」として描かれることが多く、縁起物とされている。