Gallery刺青作品「鯉」

            
川や池、沼などに生息する淡水魚であるが、中国では鯉は龍へと化成するという伝説が伝わっている。
中国の黄河上流、山西省と陝西省の境に龍門と呼ばれる急流があり、これを登り切った鯉は龍に化生し天に昇っていくとされる。
立身出世の関門を登龍門と呼んだり、端午の節句に鯉幟を上げる日本の風習はこの伝承に由来している。
また、龍へと化成する途中段階のものを龍魚(進化魚ともいう)と呼び、和彫りにおいては逆鱗や角の生えた鯉、
もしくは龍の頭をした鯉の姿で描かれることが多い。

COMMENT
鯉と紅葉以外はお任せということでしたので、3匹の鯉を大胆に配置してみました。それぞれ顔やディテールを変えて、雰囲気の違う鯉に仕上げてあります。